わきが手術の代名詞である剪除法 のメリットとデメリットは

わきがを根本から解決するためには手術も重要な選択肢のひとつです。わきが手術にはいくつかの方法がありますが、その中で代表的な方法と言えるのが剪除法 になります。
剪除法 は簡単に説明すれば皮膚を裏返しにして汗腺を除去していく手術です。目視でひとつひとつ汗腺を確認しながらおこなうので、確実にわきがを克服することができます。皮膚を裏返しにするというと少し恐ろしい気もしますが、実際はわきの下に4センチから5センチ程度の切れ目を入れるだけですので、それほど心配する必要はありません。病院によっては独自の技術をミックスした方法をうたい文句にしているところもありますが、それらも基本的にはこの剪除法 をベースにした手術法であったりします。
剪除法 のメリットは健康保険が適用されることです。美容目的の医療行為では健康保険が適用されず、かなりの金額を自己負担しなければいけませんが、わきがや多汗症の治療のためにこの剪除法 を利用する場合は保険が適用されるため、治療費を抑えることができるのです。またこの方法は従来用いられていた切除法の弱点を改善するために開発された手術法ですので、脇がひきつるなどの後遺症も避けることができます。
一方、デメリットとしてはメスを使って皮膚を切開することで傷跡が残ってしまうということを挙げることができます。もちろん皮膚のしわに沿って切開するなどして傷跡を目立たなくさせるよう配慮してもらえますが、それでも傷跡が完全に無くなるわけではなく、場合によっては色素沈着が起こって黒ずみになってしまうこともあります。
さらにこの剪除法 は医師が目視で汗腺を確認しながらおこなうこともあり、医師の技量により差が出てしまうという欠点もあります。もっともこれはどの医療行為にもあてはまることであるので、まずは信頼できる病院、医師選びが重要になるでしょう。実績がしっかりとあり、アフターフォローなどがきちんとしているところを選ぶことが大切です。